2017年08月14日

森づくりフォーラム夏季号で会を紹介

 暑い日が続きます。
 当会が会員となっている森づくりフォーラムに会の活動を紹介していただきました。
 その内容は、次のとおりです。
■秋田森の会・風のハーモニーの活動
 「森林と健康」をテーマに掲げる当会は、会員に開放された「健康の森」でテーマの実現に向けた活動を行っています。継続している活動は、四季折々の森林浴、森の保育園、炭焼き体験ですが、これまで「子どもたちがつくる海岸林活動」などを実施してきたほか、関係機関と協力しながら森林の持つ多面的機能を理解してもらう活動を行っています。
また、平成28年度は、「国民森林会議」主催のお出かけ講座に共催し、「健康の森」での森林造成技術の視察や技術討論が行われました。
3表紙(トリミングして使用.jpg
「国民森林会議」お出かけ講座で

■「健康の森」とは
 会の代表が、所有森林の一部約30ヘクタールを会員に開放した「健康の森」、標高70m程のなだらかな丘陵に広がるこの森は、コナラを中心とした広葉樹林と秋田スギの人工林がほどよく混じり合っていて、その中を1本の作業道が森の奥へ奥へと誘います。森のほぼ中央、小さな池のある広場には、『朝日森林文化賞』受賞記念の石碑やシイタケの榾木が置かれています。さらに奥へ進むと、水芭蕉の群生も見ることができます。
 数多くの樹種、四季折々に姿を見せる草花、そして野鳥や野生の動物たちと出会う賑やかな森、これが「健康の森」です。

■森の保育園
 今、会で一番盛んな活動は森の保育園です。次世代を担う子どもたちが、森とふれあうことで自らの持つ生きる力、助け合う心を育むとともに、森に親しみ森に関心を持つということを心に芽生えさせることを目的に、平成7年から始まり今日に至っています。「健康の森」を訪れる幼稚園児・保育園児たちは、雨の日でも雪の日でも訪れては坂滑りやどろんこ遊びなど自ら発見した遊びに夢中になっています。山登りでは、先に登った子が「頑張れ、頑張れ」と声をかけ、滑り落ちそうな仲間に手を差し伸べるなど助け合う姿が見られます。ここ数年の実績は、年間80回以上4,000人近くの子どもたちが訪れております。
 平成26年度に、森の保育園に関するアンケート調査を保育士と保護者約200名に実施した結果、保育士では、「健康の森」での園外保育は、園内とは違う様子を目の当たりにするといった「新たな発見」があり、継続して実施したい意向が95%ありました。保護者からは99%の方が肯定的な意見であり、保育と環境教育が理解されていることを実感しました。
4森遊びを楽しむ園児たち.JPG

■幅広い世代の交流
 会発足以来白炭の炭焼き体験を年に2〜3回実施しています。炭焼きは、林地残材の有効活用と、広葉樹林の若返りを図ることができます。平成27年度に新しい白炭窯を築造したときは、炭焼き経験者や炭焼きに関心を持っている若い人々が参加し、白炭窯の築造技術を学びました。
炭焼き体験では、戸岩を開けたときの鮮やかな炎に感嘆の声があがり、子どもたちも熱さに耐えながら炭出し作業に取り組みます。端で見ている炭焼き経験者から、コツを伝授してもらったり応援してもらったりと世代を超えた和やかな一時です。炭窯に火を入れてから窯に付きっきりになりますが、炭小屋で囲炉裏を囲みながら炭焼き談義や、炭焼きが盛んだった当時の山村社会に話が盛り上がります。
5親子で炭出し.jpg
 また、「健康の森」には、多くの人々が訪れます。林業関係者は森林造成技術の視察研修に、若い保育士は「森の保育園」の実践研修に、医療関係者は森のリハビリテーション効果の検証等々年間20回を超える訪問があり、森と人との交流を築き上げて来ています。
6予備研修会.JPG

森林と健康、それは森林浴や森遊びを通じてありのままの森に親しんでもらうことで、人は心身が癒やされ健康になります。そして、人々が森に手を入れると、いろんな昆虫や鳥や獣が棲み、また植生も豊かになります。それで森林は健康になるのです。
 人に優しい森をつくり、人々に森を慈しむ心を育んでもらいたい、このような思いで活動を継続していくこととしています。
posted by トッシー at 15:12| Comment(0) | お知らせ 行事の開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

ブルーベリー園が浸水

 本日の秋田市は、朝から強い雨が降り続きました。
 会の代表佐藤清太郎さんが経営ブルーベリー園が心配で見てきましたが、案の定、低いところのブルーベリー園は浸水していました。約1/3の浸水です。道路の反対側は大丈夫です。
IMG_6239_320.jpg
低い土地のブルーベリー園は浸水しています。

IMG_6247_320.jpg
60cm位水没です。
posted by トッシー at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ブルーベリー摘み取り

 今年もブルーベリー収穫の時期となりました。
 清太郎さんが経営するブルーベリー園も収穫の時期となっています。地元に新聞に紹介されてから、訪れる人々がひっきりなしということで、暑い中、摘み取りのコツなど伝えながら販売を行っています。
 今年の春先の天候不順で、熟するのが若干遅め、量も少なめということです。
IMG_6231.jpg
この時間、お客さんは4人です。啄みながら大きな実を採取していました。

IMG_6234.jpg
2割程度が食べ頃かな?

IMG_6236.jpg
採取した実はお金を払ってお持ち帰りです。
posted by トッシー at 20:05| Comment(0) | 健康の森から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする